犬の平均寿命も伸びている?

私たち人間の高齢化社会は社会テーマでもありますが、
愛犬と街を歩くと、あっとおどろく美魔女ならぬ、美魔犬とすれ違う機会もかなり増えてきました。

実際に私の愛犬もすでに15歳ですが、いまだに元気いっぱいで3kmくらいは平気で散歩を楽しんでいるようです。

実際に調べてみたところ、2010年からの犬の平均寿命はおよそ2017年では0.9年伸びており

小型犬の平均寿命は12~15歳
中型犬の平均寿命は11~15歳
大型犬の平均寿命は10~13歳

となっています。

14年のデータによれば最大で実に1.4年伸びた15.8歳が平均となっています。
また、特に小型犬ではその傾向が高い様子です。

犬を飼育する際の注意点

このように医療や食事などサイエンスの進化とともに、
人と一緒にワンコも寿命が伸びてきている状況を踏まえ、
読者の皆様に注意点をおしらせします。


可愛いからという理由だけでご高齢の方が仔犬を飼育するのは危険ですので
しっかり育てられるのか、
経済的には大丈夫なのか、
散歩・病院などにも連れて行けるのか

などは熟考した上での決断をお勧めします!

仔犬の飼育を始める目安は、およそ50代後半までが限界と言われています。

飼い主のエゴは愛犬ばかりでなく、飼い主さん自身にもリスクがあります。
例えば、愛犬が散歩中に急に方向を変えたために飼い主が転倒し骨折するようなケースなどは少なくありません。
また、愛犬が認知症になってしまうというケースも長寿化に伴った現在の深刻なテーマともなってきています。

これは筆者の考えですが、一昔前は犬の1年は人間の6~7年程度に換算されていたと思うのですが、現在の感覚では5年といった印象です。
およそ20~30年前では考えられなかったのですが、
20歳の小型犬がいるということを考えると人間の1年換算でいうと5年ということが考えられます。

ワンコと飼い主さんのWin-Winな関係を提案

しかし、子供が社会などへ羽ばたいていき、
少し時間ができてくるのもご高齢になってからというのもの確かです。

そこで、愛犬との暮らしを諦めてしまうのではなく、里親になることをご提案いたします。

成犬と暮らすことになりますので、仔犬の時期はありませんが、
いわゆる老々介護である飼い主が老犬をケアする負担は低減されます。
また同時になんらかの理由で元のオーナーさんのところにいられなくなってしまったワンコもこれなら救われる形になります。

また、現在では里親募集サイトなどがインターネットに豊富に見つけられるため希望の犬種を見つけることや、募集母体がしっかりとしたNPO法人などに運営されていることがあるため、送る側も受け入れる側も安心して利用できるというシステムがあります。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は少し厳しい内容ではありましたが犬の為にも飼い主さんのためにも大事な内容であると思います。

可愛いから飼いたくなるものですが、現実的には病気になってお腹を壊したり、
噛まれる場合もあったりというのが愛犬との暮らしです。

そして、避けられない現実的な問題として、いつかはお別れの時もあるということです。

また、これは繰り返しになりますが、寿命が伸びてきたことで愛犬の介護は現実的な問題になっていますが、
それでも、『愛おしい生命を守る』という意識を持ち続けることは大事です。

今回は少し厳しい内容だったかもしれませんが、
筆者は真剣にこの問題に向き合いたいという願いを込めましたので、
その旨ご了承いただければ幸いです。

ありがとうございました!

関連する記事

関連するキーワード

著者