A very loved dog.

A very loved dog.

意外と知られていないお散歩問題と解決アイテムとは?

お散歩アイテム準備編

ワンちゃんとお散歩に行くとき、皆さんのお散歩バッグには、なにが入っていますか?

・ ビニール袋
・ トイレロールやボックスティシュの紙類(ビニールだけの方も多いと思います)
・ 水入りボトル

だいたいこの3点ではないでしょうか?
しかし、この3点にあと2つのアイテムを追加していただくと、ある問題が解決されます。

まず、その問題点についてですが、ワンちゃんがウンチをしたとき、健康状態が良いときはビニールや紙で処理することは簡単ですが、残念ながら、必ずそんなにコンディションの良いウンチが出るとはかぎりません。

むしろ、頑張ってキレイにしたつもりでも、ウンチがアスファルトにめり込んでしまって、『やるだけやったから、まぁいいか・・・』という、多少の後ろめたさとともにその場を去っている方も多いはずではないかと思います。
また、その経験から、自分の愛犬を散歩させているとき、『あっ、ここは・・・』などと地面の汚れが気になったりはしませんか?

この対策に次の2アイテムをお使いいただけると、びっくりするほど処理が楽になります。

 (589)

① ペーパータオル(エンボスタイプのキッチンペーパー)
② 使い捨てビニール手袋

①は必須アイテムですが②は慣れてきたらば不要になるかもしれません。

ウンチマナーの鉄則は先手必勝

クリーンなお散歩実践編

先ほど書きました問題が起こる原因は一つ「後手に回っている」ということです。
逆に言えばお散歩で問題を起こさないための鉄則は「先手必勝」この一言に尽きます。

まずは、恐怖心があるかもしれませんので、使い捨てビニール袋を利き手にはめ、ペーパータオルを握っておでかけすることから始めましょう

さて、愛犬がウンチに入る前に各ワンちゃんには、なにかルーティンがある場合が多いです。

実例を3点挙げます。

・ 首を下げて歩き出す
・ 同じ場所を往復しだす
・ くるくると同じ場所を回りだす

これらのモーションは「これからウンチしますよ!」というワンちゃんたちのサインです。
また、もしこのような兆候が見つけられなくても、お散歩中のワンちゃんを見ていれば、ウンチの姿勢に入っていく瞬間というのは分かると思います。

この時にペーパータオルをワンちゃんのお尻の下にサッと敷きましょう。
万が一タイミングがずれても、手を直撃という最悪の事態は避けられ、手袋を捨てればいいだけですので、これなら恐怖心はあまりないはずです。

 (592)

それではなぜ、ペーパータオルを推すかと言いますと、まず吸水性が高いので、多少お腹が緩いときでも余裕を持って吸水してくれます。

次に新聞紙や広告などでは固すぎて、その後の処理が結構面倒くさいです。

また、ティッシュなどは面積が小さすぎたり、風でヒラヒラしてしまってキャッチしにくいというデメリットがありますので、ペーパータオルが一番です。

さあ、これでウンチはペーパータオルの上に無事着地しました。

私はこのあと、ビニール袋(持ち手部分で縛れるので買い物袋が楽です)に手を突っ込みティッシュでウンチを覆ってから、拾って裏返して縛っておしまいです。

ペーパータオルだけで処理しようとすると、ウンチが硬い場合転がってきますので、この方法なら安全です。

まとめ

愛されるワンちゃんのため、できるだけよいオーナーに・・・

 (591)

残念ながら、私は愛犬との散歩中に私と同じように紙を握って歩いているオーナーさんとすれ違ったことは、あまり経験がありません。
また、ここまで偉そうにHOW TOを綴ってきて申し訳ないのですが、私自身がこのことを問題と思ったことも、実はここ1年以内だったりもします。

しかし、ワンちゃんが近所で愛されるためには、飼い主さん側ができるだけマナーや知識を身に着け、また、反対側の立場だったら・・・ということを考えて行動することが大事であることに間違いはありません。
言い換えれば、オーナーさんの行動はワンちゃんの評価や評判に直結しますので、できるだけ配慮のある行動で、ご近所さんにも愛されるワンちゃんを育めるよう、できるだけの心配りをしましょう!

関連する記事

関連するキーワード

著者