わんことの意思疎通、取れていますか??

人と犬のコミュニケーションの手

人と犬のコミュニケーションの手

皆さんは1日にどれくらいわんことおしゃべりしていますか?

私は1時間くらいは、愛犬と言葉を交わしていますが、
我が家のシー・ズーはかなりのツンデレ傾向でして、、、
「お散歩行こうか?」「ご飯食べる?」「おやつ食べる?」にはかなり肯定的に反応を示してくれます。笑

しかし反対にそれら以外はだいたい耳だけ動いて、軽く無視してくれたりするんですよね・・(・_・;)

一番困っていたのは名前を呼んでもこちらに来てくれないことでしたが、、、
最近『あるヒントから』解決できるようになりました。

ヒントになった動画 -踊る交通誘導員-

【絶対見たくなるwww】 熟練の手さばき【10】 ダンスレベル神業級ww 踊る交通誘導員 特集!

皆さんキレッキレのダンスだったりしますが、わんこの誘導の場合、ダンスは必要ないです。

犬と会話をする方法、正解は『ハンドサイン』!

Cropped Hand Of Person Poin...

Cropped Hand Of Person Pointing Against White Background

「お散歩行こう!」というと尻尾をぶんぶんしながらおもちゃをくわえてピコピコと大興奮で賛成はしてくれるのですが、
名前を呼んでも玄関のほうへ来ようとしてくれないある時、ふと『踊る交通警備員さん』の動画を思い出しました!

『ジェスチャー』とか『手話』で言葉と同等かそれ以上の意思疎通が出来るのでは?
と思い調べた結果・・この推論は見事に当たりでした!

具体的なテクニックのご紹介

Woman training Dalmatian do...

Woman training Dalmatian dog on forest path.

もちろん名前は呼びつつですが、玄関の近くに膝をついてから「お散歩に行こう!」と進行方向を指さすようにしてみたところ、指に興味を持ったのか素直に歩いてきてくれました。

そもそもお散歩中の初対面のわんこにでもゆっくり指を近づけると、だいたい好意をもって鼻でクンクンしてくれることから、そこそこは自信はあったのですが、これで確信になりました。

『言葉だけでなくジェスチャー』もというのが、どうやらわんことの円滑な会話のコツのようです。
そして、より自由に意思疎通が取れるのは、わんこと共有する時間が濃いものになり楽しいです。

言葉とジェスチャーで行動を誘導してあげる、そこに犬との円滑なコミュニケーションのヒントがあったんですね!

例:お座り

このジェスチャー方式はお座りなどのしつけにも応用できます。

「お座り!」と言って座らせて出来たら褒めてあげる、それも良いのですが

「お座り!」と言いながら人差し指を出してあげる、というしつけのやり方もあります。
これにより「お座り」という言葉と人差し指を出すジェスチャーがわんこの中でリンクして覚えやすくなるんですね!

この様に『言葉』と『ジェスチャー』を組み合わせればしつけにも応用が利きます!

応用テクニックもご紹介

Portrait Of Dog Against Col...

Portrait Of Dog Against Colored Background

先ほど紹介した「お座り」の様に、『言葉』と『ジェスチャー』のしつけの仕方は散歩中にも応用が効きます。

私は散歩中に横断歩道の時に「ストップ!」とは言っていたのですが、なかなか止まることを覚えてはくれませんでした・・

しかし顔の前に掌を広げ制止するアクションを加えたところ、愛犬の理解度はグンと上がりました!

また我が家のわんこの散歩はいつも自動ルート作成機能搭載というか、正直なところ自由過ぎるというかで、
『あっちに行ってくれれば、リードをつなげるコンビニがあるのになぁ・・・』と思うこともありましたが、、
指で方向を指示することで最近はコンビニにも一緒に行けるようになりました!

わんこと相談しながらの外出は最高です!

Obedient Beagle dog with hi...

Obedient Beagle dog with his owner

昨晩は「粗大ゴミの処理券を買いに行きたいからコンビニに付き合って」と、外に出ました。
この時点ではあんまりよくわかってなかったのかですが、外に出て「右でも左でもいいよ」とそれぞれの方向を指をさすと右に歩き出しました。

この様に方向を指示することができる様になると散歩が楽になるだけでなく、事故も未然に防ぐことができます!

うちのわんこは見事にゴミ処理券9枚をゲットして帰ってこれるくらい散歩中でも意思疎通が取れる様になりました。

ウチの愛犬は15歳なのですが、この歳でもこれだけ覚えられるのですから、若いわんこならなおさらではないかと思います。

お家の時間も外出の時間もより楽しいものになるはずですので、是非是非お試しくださいね!

関連する記事

関連するキーワード

著者