犬にはそもそもシャンプーが必要なのか?

犬も人間と同じように汗をかきます。
もちろん体臭もします。

それを洗い流す意味でもシャンプーは活用できますが、
それ以上に大切なことがあります。

それは・・

ダニやノミの発生を防ぐことができる

という点です。

犬にはダニやノミがついてしまうことがあります。
特に散歩で外へお出かけするような犬の場合には、
ノミやダニを連れて帰ってきてしまうこともあります。

こうした虫の被害から犬を守るためにも、定期的なシャンプーは効果的だといえますね。

犬のシャンプーの頻度はどれくらい?

犬のシャンプーの頻度は、成犬で特に皮膚トラブルがない場合は、
月に1~2回の頻度でシャンプーをするのが良いですね。

動物病院やトリミングサロンでも、
だいたい3週間くらいの間隔でシャンプーをおすすめしているところが多いです。

シャンプーをまったく行わないと、
湿疹や皮膚炎などの皮膚トラブル起こしてしまいます。

逆に頻繁にシャンプーをしすぎると、
余計な皮脂まで落としてしまい、
乾燥してフケが出やすくなったり、
皮膚が弱り、トラブルを起こしやすい状態になると言われています。

犬種や個々の生活スタイルの違いにもよりますが、
このくらいが犬の皮膚にとっても最適な頻度と言えます。

シャンプーに必要な道具は?

犬のシャンプーに必要な道具は以下が挙げられます。

・シャンプー(犬用)

・トリートメント(犬用)

・ドライヤー

・ブラシ

・タオル

といったところですかね!

タオルは犬の場合はじっとしてくれないことも多いので
少し大きめの全身を包められるようなタオルがおすすめです。

トリートメントは必須ではありませんが
あるとより綺麗になりますよね!

シャンプーの時の注意点は??

怒らない

一つ目は「怒らない」です。
なぜ怒ってはいけないかというと
怒ってしまうと犬からのシャンプーに対してのイメージが
ネガティブなものになってしまうためです。

1度ネガティブになってしまうと
次から風呂を嫌がってしまうようになります。

そうなってしまうと大変です。。
基本的には怒らないように心がけましょう。

おやつをあげる

おやつがあると
「お風呂に入るといいことがある!」
と思ってくれるようになります。

次回以降のシャンプーが楽になるわけですね!

犬用のシャンプーを使う

注意点のひとつとして
「人間用のシャンプーを使わない」
というものがあります。

これはなぜかというと
犬はシャンプーを舐めてしまうからです。

人間用のシャンプーには様々な成分が含まれているため
しっかり犬用のシャンプーを使って挙げましょう

毛の詰まりに気をつける

さらに注意しなければならないのが毛詰まりです。

犬はとても毛の抜ける生き物です。

そのため排水溝などはすぐに詰まってしまいます。
対処法としては

・バスタブを使う
・ヘアキャッチャーを使う

などの対処法があります。

まとめ

いかがでしたか?

犬のシャンプーには様々な効果があるため
適度にシャンプーをしてあげてくださいね!

なかには風呂嫌いな犬もいますが・・笑

室内犬などは特に臭いはきになるところなので
定期的なシャンプーをおすすめします!!

それではまた!

関連する記事

関連するキーワード

著者